大会プログラム(予定)

◆ 大会テーマ:
「内観の現代化 -次世代へ向かう内観-」

   会 場:長崎大学医学部良順会館
   大会長:塚﨑 稔(三和中央病院院長)



第1日目 7月12日(金)


◆ 第4回学会主催内観研修会

「専門コース」内観療法セミナー
   司会:本山陽一(白金台内観研修所所長)
   講義:清水康弘(認定内観面接士)
       真栄城輝明(認定心理療法士)
       竹元隆洋(認定医師)

「入門コース」内観法の基礎と実習
   講義:大山真弘(認定内観面接士)
   実習:大山真弘、上村芳信(認定内観面接士)


第2日目 7月13日(土)


◆ 大会長講演

「沈黙の精神療法」 
   司会:長山恵一(法政大学教授)
   講師:塚﨑 稔(三和中央病院院長)


◆ 特別講演

「日本内観学会研修制度に期待すること」
   司会:竹元隆洋(指宿竹元病院会長)
   講師:小島卓也(大宮厚生病院副院長)

◆ 特別演題(海外コーナー)

李暁茹(Fudan University, China)
“中国人大学生を対象とする内観の実践および効果評価”

A A R Priyanka (University of Ruhuna, Sri Lanka)
“Psychological Value of Declaration (ārocana) and Confession (pāpadesanā) in Buddhism “

Lehel Balogh(Hungary)
“From Nietzsche to Naikan. How Western Philosophy and Japanese Therapies Could Complement Each Other in Alleviating Mental Suffering.”

◆ メインシンポジウム

「内観の現代化」
  司会:笹野友寿(川崎医療福祉大学教授)
  コメンテーター:堀井茂男(慈圭病院院長)
  シンポジスト:
   長島美稚子(北陸内観研修所所長)
   大山真弘(蓮華院誕生寺内観研修所所長)
   谷口大輔(三和中央病院作業療法士)
   平野大己(スクールカウンセラー)

◆ 国際シンポジウム

「内観の国際化を巡って」
  司会:郄鳳卿(天津医科大学名誉教授)
     千石真理(心身めざめ内観センター主宰)
  コーディネーター:真栄城輝明(大和内観研修所所長)
  シンポジスト:
    夏 寒松(上海浦南医院 国際医療部)
    河合啓介(国立国際医療センター国府台病院)
    クラーク・チルソン(ピッツバーグ大学)
    Medagampitiye Wijithadhamma(Sri Jayewardenepura大学)
  指定発言:小澤寛樹(長崎大学病院精神科教授)
       武建胤(中国山東省聊城市第4病院院長)

◆ 懇親会

    宝来軒別館(会場から徒歩5分)


第3日目 7月14日(日)


◆ 学会シンポジウム

「地域で内観はどのように普及しているのか」
 司会:長田 清(長田クリニック院長)
    清水康弘(瞑想の森内観研修所所長)
 コメンテーター:クラーク・チルソン(ピッツバーグ大学)
 シンポジスト:貫井慎也(北陸内観研修所)
        平山 元(沖縄内観研修所)
        藤 惠子(NPO法人マザーリーフ理事長)
        馬場 博(三和中央病院看護師)

◆ 市民公開講座

特別対談 「映画作品に観る障がい者像」
 司会:真栄城輝明(大和内観研修所所長)
    松本准平(映画監督)
    小澤寛樹(長崎大学病院精神科教授)